地図
活動報告
会社概要
訪問看護ステーション概要
スタッフ募集
アクセス
プライバシーポリシー
医療安全管理指針
お問い合わせ
トップページ

1.当事業所設立までの経緯
2.フロンティアの特徴
3.活動報告

当事業所設立までの経緯

平成12年4月1日に介護保険制度がはじまり、私の職業である理学療法士(以下、PT)や作業療法士(以下、OT)も日々関わりが深くなってきております。

その対象者となるのは、大半が高齢者であります。 急性期病院勤務時には、次から次に入院される患者様の治療に忙しくなり、退院後のケアに時間を割けない現実がありました。
しかし退院後も患者様には生活があり、日々体力等低下が進み、寝たきりになられる方が少なくありませんでした。その時にはいつも、在宅でケアを継続していただける専門家のいる訪問看護ステーションや、訪問リハビリテーション事業所があればと思っていました。

私の地元である久喜市も、在宅でリハビリテーションを提供する専門の事業所がありませんでした。病院で何度も感じた無力感や落胆、生まれ育った地域に貢献しなければならないという使命感により、同じ想いをする人たちが集まり、平成 15 年 5 月 6 日当事業所の設立に至りました。



フロンティアの特徴

理学療法士と看護師が経営するリハビリテーションに特化した訪問看護ステーションです。

平成15年5月開設後、現在15期目の営業に入り、平成29年4月末時点で解約・現利用を合わせ、計376名(男性175名、女性201名)の方々に弊社訪問看護サービスを利用いただきました。各データを分析すると、処方診断名(ICD10分類)は通算1000診断名数となり、1人あたり2.65診断名数と複数の診断に対する管理が必要な現状が伺えます。中でも上位3つは、脳血管疾患、高血圧症、糖尿病と当ステーションが関わる疾患においても、生活習慣病の占める割合が高くなっています。また取引医療機関は、埼玉県を中心に103を数え、225名のかかりつけ医の指示の下、各ご家庭でのお体の様子や環境を評価・分析と並行し、各病態に応じた一般的な医療的支援と照らし合わせ、各家庭の様々な環境を踏まえた『オーダーメイドの看護・リハビリサービス』を在宅で提供してまいりました。

当ステーションではご利用者様1名に対し、経験不足や慣れ合いによるサービスの質(以下、質)の低下を予防する為、開設当初より『複数担当制』をとっております。
PT・OT・看護師・准看護師に加え、平成22年8月からは言語聴覚士(ST)が加わり、更に幅広いサービスのご提供が可能になりました。
引き続き、一般的に陥りがちな『看護』『理学療法』『作業療法』『言語療法』各分野で単独支援をするのではなく、関わる全ての職員の知識・経験を総動員した『総合的評価に基づく看護・リハビリテーション』支援に努めてまいります。 また、慣習がある医療的支援に対し、常に「この支援は最善なのか?」と自問するのと同時に、最新の医療情報を収集・分析を継続します。

また、当ステーションの実績や傾向、地域性、効果判定、在宅での有用な評価、訪問リハビリのシステム作り等を目的として、平成20年夏より運用を開始した独自の管理システムは、10年目を迎えました。KOG_SOFTの小暮氏のご協力のもと日々改良を重ね、入力し蓄積される1つ1つのデータが、即座かつ容易に抽出・分析・展開され、訪問看護計画書・報告書や請求業務と幅広く活用しております。今後、リハビリを中心とした訪問サービス事業所運営をお考えの方々に、当システムをご利用いただけるよう改良を続け、準備が整い次第、当ホームページでのご案内を予定しております。

今後も、当ステーションデータベースと現存する医学的根拠や社会的通念とを照らし合わせ、サービス時にはご利用者様に合った情報を提供し、またホームページ上でも、随時開示可能な情報の公開を予定しております。



活動報告
 
私達の活動内容を以下からダウンロードしてご覧頂けます。

平成15年度活動報告(2005.01.24) 1.初年度活動報告を終えて PDF[14KB]
2.活動報告詳細 PDF[121KB]
八重山圏域広域リハセンター講演会(2006.3.26) 1.講演会詳細 PDF[21KB]
2.講演会原稿 PDF[425KB]
3.アンケート『病院リハと在宅リハの違い』結果 PDF[34KB]



お問い合わせ 地図 スタッフ募集